板橋区陸上競技協会

いたばしリバーサイドハーフマラソン特設サイトへ

ようこそ、ここは板橋区陸上競技協会のWebサイトです。競技会の情報や競技場の案内について情報を配信しております。

◆ 協会に関して

会長挨拶
常日頃より板橋区、板橋区体育協会、当協会主催・主管競技に参加頂く競技者の方々をはじめ、日本陸連、東京陸上競技協会、城北各区陸上競技協会、競技会の救護にご協力を頂く接骨師、医師、看護師の皆様、道路競技に於いては警察書、消防署、賛助協力を賜ります企業各位、その他数多くの方々からの暖かいご支援により支えられて一般社団法人板橋区陸上競技協会が有る事を痛感し感謝の念と共に私達が多くの皆様に支えられて、様々な事業展開が継続出来たことを深く感謝いたします。

平成26年12月25日、一般社団法人に衣替えを致しました。
法人格の取得は、先人が終戦直後の社会的混乱期に会員相互で知恵と労力とお金を出し合い真のボランティア精神を基に競技者に相対して発足させたものであり、この貴重な志と伝統を忘れることなく、会の充実を図り、陸上競技を通じてスポーツ文化への貢献を目的とし、衣を替えるだけではなく、より堅実な非営利法人の団体として、ジュニア育成と陸上競技愛好家の拡大、そして競技者が納得する競技会運営を目指すものであります。 私共の活動は区立新河岸陸上競技場と区立戸田陸上競技場を起点とした荒川河川敷長距離コースのフィールドを基に、各種競技会と、ジュニアのクラブ運営を中核とし、走る・跳ぶ・投げる事を通じ、アスリートとしての体育・知育・徳育の場を提供する事に有ります。
今後も競技場が小さい為にジュニアアスリートの育成と陸上競技愛好家の競技会に重点を置いてまいります、写真判定を装備し、全国に通用する公認競技会が可能な競技場を東京都立城北公園の改修により作って頂く事が板橋陸協、そして城北地区の陸上競技関連団体共通の夢であります、いつか完成の暁にはジュニアだけでなくオリンピアンの育成に寄与出来れば最高の幸せです。 一般社団法人板橋区陸上競技協会はフェアプレーとアスリートファーストの信念の基に先輩から受け継いだ目に見えない志と経験の積み重ねを尊び前進して参ります。

今後とも倍旧のご指導とご支援を賜ります様、皆様方にお願い申し上げまして、ご挨拶とさせて頂きます。

一般社団法人 板橋区陸上競技協会
会長 豊泉和男
会長
一般社団法人板橋区陸上競技協会定款
ページのトップへ戻る